GAME JAMBOREE

4/20更新情報

大変長らくお待たせいたしました。今からGM春に創刊予定の同人雑誌「GAME JAMBOREE」の紹介をさせて頂きます。

5/5GM春F16にて、アナログゲームの情報誌「GAME JAMBOREE」を創刊いたします!
豪華メンバーによる執筆記事のほか、カナイ製作所様の同人ゲーム『成敗』のプロモーションカードが付録でつきます。

【情報1】
まずはプロモカード情報。新たな悪党『建部申明』の登場です。
基礎能力が高く、常にぎりぎりな成敗の戦闘をいっそう盛り上げてくれることでしょう。
非常に強力な人物ですが、反面、美人に弱いという人間的な一面も持っています
ある人物がモデルと囁かれていますが、真偽のほどは定かではありません。このカードの効果はいかに。
この人物が美人に出会うとどうなってしまうのか。実際の効果は本誌の紹介記事とカードでお確かめください。

promo

 


【情報2】
次に『成敗』解説漫画の1Pめを贅沢に公開。
『おこんないでね』『勝つまでやらせろ』の田中としひさ先生が描く、初心者にも分かりやすいレビュー解説コミックです。田中先生ファンにもカナイさんファンにもお薦めしたい一品。

 


【情報3】

ゲームブック『アナログゲームの魔女試験』。
ゲームブック作品や『駅前魔法学園』で知られる藤浪智之先生のハートフルほのぼのストーリーです。
豊田えり先生が手掛けた表紙の魔法少女が主人公で、挿絵は佐々木亮先生。
パラグラフ番号を追いかける楽しさを体験してみてください。

 


【情報4】
ここからは記事の紹介です。「海外で活躍する日本人デザイナー」をテーマに、
ヤポンブランドの健部伸明先生に突撃インタビューを行いました。
また、Kickstarterで英語版のリリースに成功した常時次人さんに、きっかけや成功に至るまでの経緯をご説明頂きました。

 


【情報5】
そして、自分でもゲームデザインにチャレンジしてみたいという初心者の人向けに、
カードゲームの印刷工程の取材記事(株式会社萬印堂さん取材)と、
ゲーム制作のアイデアの手がかりとして、ネットで簡単に手に入るゲームのコンポーネントの紹介記事を載せました。

 


【情報6】
また、GMではボドゲ以外に様々なゲームを扱っています。
その中からTRPG『永い後日談のネクロニカ』とミニチュアゲームを取り上げました。
ネクロニカはインコグ・ラボの江島様のインタビュー記事と、
ミニチュアは『カナンRPG』の田中桂先生の解説記事が載っております。

 


【情報7】
最後に、2015年に出た新作ゲームの3本の紹介記事と、
ゲームデザイナー・カナイセイジさんのおすすめゲーム紹介の説明です。
新作は『ルーニークエスト』と『ウィッチャー』、
そしてグループSNE様より記事をご提供頂きました『コクーン・ワールド・ザ・ボードゲーム』。
特にコクーンはGM会場での先行販売となり、一般の流通はもう少し後になるそうなので、
現時点では貴重な紹介記事となります。
これら3本の新作と、カナイさんのおすすめゲーム4本を分かりやすく写真つきで紹介していますので、
もしよろしければお手に取って頂ければと思います。

 


ゲームマーケットは年に2ー3回開催されますが、2015年春というのは一度しかありません。
その時に出たゲームや情報を閉じ込めておくにはどうしたらいいか考えた結果、雑誌という形になりました。
一つ一つの記事が宝石のように煌めいて、まるで宝石箱のような本になったと思います。
2015年春にゲームマーケットを訪れた記念として、またはお土産として、
ひとりでも多くの方にお手に取っていただければ幸いです。
頒布価格はGM会場限定で500円を予定していますが、
委託時には高くなってしまうので、できましたら会場でお求めいただければと思います。
現在、制作が佳境に入っておりますので、次回の更新をお待ちいただけますと幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す